囲碁のネット対局サイトを一覧で紹介

囲碁のオンライン対局ができる主要サイトをご紹介します。

囲碁はアジアをはじめ世界中に普及しているため、外国人の方と対局するケースが多くなります。非常に刺激的ですね。

また、サイトによっては、bot(コンピュータ)が対戦相手になるケースもあります。

各対局サイトを簡潔に比較します。

囲碁のネット対局主要5サイト

オンラインで囲碁を打つなら以下の5サイトが基本です。

パンダネット

老舗のネット囲碁サイト。イベントが多く、話題によく出る。

→ 囲碁対局なら『パンダネット』

  • ユーザーは日本人が多い。
  • 有料。
  • 管理はしっかりしている。
  • アマチュアイベントが多く、様々なコラボ企画もある。
  • 学生イベントも多く、若いユーザーも多い。
  • 囲碁講座といった学習コンテンツも多い。
  • プロの指導碁サービスもある。

幽玄の間

日本棋院が運営しているネット囲碁専用サイト。

日本棋院が運営するネット囲碁専用サイト、幽玄の間。スマートフォンやタブレットでも利用可能。対局や観戦、七大タイトル戦をプロ棋士の解説とともに観戦可能。
  • ユーザーは日本人が多い。
  • 有料。
  • 管理がしっかりしている。
  • 七大タイトルの対局を中継する。

東洋囲碁

「東アジア最大」がキャッチコピーのネット囲碁サイト。レベルはおそらく世界一。

東洋囲碁は東アジア最大のオンライン囲碁対局サービスTYGEMの日本公式サービスです。
  • ユーザーは中韓人が多い。
  • 対局ユーザー数が多い。
  • 無料と有料。
  • 管理はややゆるやかでマナー違反は多い(管理しきれないか)。
  • レベルはおそらく一番強い。
  • 日本を含め、世界のプロ棋士が実力養成のために対局している(と言われている)。

野狐囲碁

中国で定番のネット囲碁サイト。ユーザー数が多い。

世界最大規模のインターネット囲碁対局サービス「野狐囲碁」の公式サイト。圧倒的なユーザ数を誇り、対局相手がすぐに見つかる!世界レベルのプロ棋士同士の対局が毎日何局も観戦できる!膨大な棋譜データも見放題!対局も観戦も棋譜閲覧もすべて無料です。
  • ユーザーは中国人が多い。
  • ユーザー数が非常に多い。
  • 常時1万人以上のユーザー。
  • 最近は日韓ユーザーも増えつつあるらしい。
  • 無料と有料。(対局と棋譜鑑賞は無料)
  • 管理はまずまずしっかりしている。

KGS

欧米で使われているネット囲碁。

  • ユーザーは欧米人が多い。
  • ユーザー数は少ない。
  • 早碁がほとんど。
  • 無料と有料。
  • Webサイトのデザインが古い(笑。
  • 挨拶は基本英語(最近は自動翻訳で日本語)。

その他のネット囲碁サイト

定番は上記5サイトですが、それ以外にも様々なオンライン対局サイトがあります。

Yahoo!モバゲー囲碁

ヤフージャパンとモバゲー運営のオンライン囲碁サイト。

知性と感性のゲーム。神の一手を目指せ!
  • ヤフージャパン経由で気軽にアクセス。
  • 無料。(ID登録は必要)
  • 昔はユーザー数が少なかったが、最近は増えている印象がある。
  • ユーザー層のレベルは今一つか。
  • シンプルかつ気軽に遊ぶサイト。

囲碁クエスト

13路盤と9路盤がある。人気が急上昇している囲碁対局アプリ。

  • Android、iOSの人気アプリ。ブラウザ版もある。
  • 開発者は、コンピュータ将棋で有名な棚瀬寧氏。
  • 13路盤と9路盤というのが人気の秘密。ネット対局には最適。
  • シンプルに対局するゲームで、チャットその他の機能はほとんどない。
  • 人が少ないときは、bot(コンピュータ)が対局相手になる。(設定で変えられる)
  • ユーザーが急増しているので、ユーザーレベルは高まっている。